読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

良平のニュース時事通信

新聞記事やネットニュースのご紹介、簡単な説明をします!

テロ行為を事前に予防する共謀罪とは?

www.asahi.com

どうも良平です。

今日は国政に関するニュースです。

 

http://www.asahi.com/articles/ASK2P4TKCK2PUTIL039.html

 

共謀罪、今は名称が変わり、テロ準備罪とも呼ばれています。

この法律は、簡単に説明しますと、犯罪を計画した人物が、その犯罪を行うための事前準備などのアクションを行った際に、それが罪になる、という内容になっています。

 

野党はこの法律に懸念を抱いています。例えば、日本国憲法で保障されている思想良心の自由を侵害する可能性があること、などが挙げられます。

 

そもそもこの法律は必要なのか?という声もあります。

 

日本の法律には、殺人を計画した者が、その事前準備をすると罰せられる殺人予備罪という法律があります。この法律があるから、テロ準備罪は不要であると唱える人もいます。

 

そもそもテロとは何か?そのような定義の話にもなってしまいます。

 

しかし、この法律が施行されても善良な一般市民に特に弊害は無いと思います。計画する程の大きな犯罪を計画す人を取り締まるのに、一体どうして反対しなければならないのでしょうか。

 

特に2020年には東京オリンピックも開催されます。治安強化を努めるのが開催国としては当然の姿勢であると私は考えます。

 

この法案で、デモなども規制されてしまうかも・・・と考えている人もいると思いますが、そんなことは無いと思います。

 

先ほど述べた懸念の中に「憲法の侵害」がありました。しかし、法律はどうがんばっても憲法を超えて効力を発揮することはできません。

 

それにたとえ、正当なデモが取り締まられてしまっても、その時は我々国民一同が声を挙げればいいのです。日本は民主主義です。政府の勝手にすべて物事は進みません。

混沌とする世界情勢、どのような選択肢があるか!?

www.nikkei.com

どうも良平です。

先日は初めての投稿であったため、比較的軽めのニュースをピックアップしましたが、今日は若干重めのニュースを選んでまいりました!

 

では

 

http://www.nikkei.com/article/DGXMZO13030320X10C17A2000000/?dg=1

 

日経電子版なのでほんのわずかしか読めませんが・・・

 

タイトルのトランプ、というより大韓民国が今日の話題の中心ですね。

 

大韓民国、通称韓国は我が国日本のお隣に位置する国です。

最近では、2015年末に日韓合意をして戦後処理を最終かつ不可逆的に解決しました。したはずですが、それでもなお韓国側は慰安婦像を建てつづけたため、日本の在韓大使を帰国させました。

 

まあ、今日のニュースではそこらへんは大して関係ないので、私の見解は述べないでおきます。(長くなるのが嫌だからとかじゃないんだからねっ!)

 

このニュース記事を読んでもらえば分かりますが、つまり韓国には問題が山積みということですね。北朝鮮のミサイルは日本にとっても危険なことですが、韓国にとってはもっとそれが顕著なはずです。

 

用語の説明です。

為替操作国」というのは、アメリカとの為替市場の中で、自国が有利になるように為替を操作する国のことです。アメリカが勝手に決めます。

 

この世は力こそパワー、一応最も軍事力が高いのがアメリカなので発言権がとても強いです。

そんなアメリカにみすてられたらかなりヤバいですね

 

特に韓国は、未だ戦争中の北朝鮮と、それを支援する中華人民共和国がすぐそばにあるため、下手な行動はしない方が良いんじゃないかなあ、と思います。

 

朝貢外交しろとか、属国になれ、と言ってるわけではありません。

自分の立ち位置を冷静に客観的に分析して、自国にとって有利になるように行動すべきだ、と私は考えています。

 

こういった姿勢はどの国にも必要だと思います。

 

当たり障りのない見解だと思いますが、所詮はシロウトの学生、大目に見て下さい。お願いします!何でもしますから!

 

最後に、金正男さんが亡くなったことについて、私の考えを述べます。

 

正男さんが亡くなったというニュースが日々入って来ますが、私は彼がどんな人物か全く知りませんでした。

ネットの掲示板を覗くと、彼は民主主義のことを分かっていたとか、ディズニーランドに来るほどおちゃめな人だったとか、いろんな書き込みが見られました。

 

ただ、亡くなってしまってから大々的にそういった祭り上げと言うのでしょうか、そういったことをしているのが、なんか言葉に表しづらいですが、引っかかりますね。

 

非常に分かりづらくてすみません。

 

ただ、これだけは明確に言えます。

 

生前善い人間だったか悪い人間だったか関わらず、人が亡くなるということはなんか悲しいです。それが殺人だと特にそう思います。

芸能界の闇は深い!?突然の引退の真相は?

エンタメ

 

はじめまして良平と申します。

今日から政治経済を中心に、今話題の時事ニュースを書いていきます。

 

初めての記事なので簡単なニュースを見ていきましょう。

 

今日はこちら

http://www.asahi.com/articles/ASK2H5G4RK2HUTIL025.html?iref=comtop_rnavi_arank_nr05

 

女優の清水富美加さんが、芸能界を辞め、幸福の科学という宗教に出家してしまった、というニュースですね。

やりたくない仕事を無理してやっていた、というのがおおまかな理由のようです。

 

私自身テレビをあまり見ないので、彼女のことは全く知りませんでした(小声)

 

やりたくない仕事なんて誰にでもありますよね。それを我慢して続けた結果、病気になってしまった人を何人か知っています。

そういった境遇の中、彼女は芸能界を辞め、宗教に頼った、仕方のないことですね。

 

みなさんも病んでしまう前に我慢せず辞めましょう

 

まあこのニュースの最大の問題点は芸能界ですよね。闇深い

たしかに下積みのためならば仕事を選んでいられないという風潮も分からなくはないですが、それが嫌なら辞めてしまっていいんですよ。

「責任が~」とか言ってる人もいますが、ちょっと神経を疑いますよ。社会やその携わってきた界隈なんてどうでも良いんですよ、自分の生命や精神に比べれば。

 

芸能界には芸能界のルールがある、と言っていた方もいますが、それは、とある企業が過労死者を出すほど働かせていたのを「自社のルールだから」と言って正当化するのと同じことですよ。頭おかしい

 

以上がこのニュースに対する私の意見です。

 

では!

 

 

 

 

 

 

富美加さんの読み方「とみか」だと思ってた・・・ミニカーかよ